大日本茶道学会

今月の茶花

花:水仙 蠟梅
花入:古銅
出始めたばかりの水仙はそれだけでも味わいの深いものなので、水仙のみで入れたいものです。
季節が進むにつれ、咲き始めた蠟梅なども添えると、また、味わいが出てきます。
葉の組み方を、水仙のみで入れる時とは変えて、葉の高さに差をつけました。